RSS|archives|admin

大きな布と優しい布

2013.11.15 Fri
                  PB152851.jpg
                    出番を待っているガラつむぎの糸


 またゆるりゆるりと織り始めました。


 ふと、大きな布と優しい布が織りたくなりました。  
 今の私には大きな布はちと骨が折れるので、オーガニックコットンのガラつむぎで優しい布を・・・。
 手染めの糸を使った、単糸のガラつむぎのフ布を織っています。
 今回は、今までフ布やフフ布を織っていたガラつむぎよりも弱く頼りない糸を使っています。
 少し頼りない分、薄く優しい仕上がりになればよいなぁ・・・。
 ほっぺをくっつけて、すりすりしたくなるような優しい優しい布。
 なんだか「布」とスキンシップしたい気分なのです。
 大きな布でふわっと包んで、優しい布でそっとなでる・・・。

 私の中にある母性の表れなのかなぁ・・・。


ライン


 今まで使っていた糸も含めて、とにかくたくさん織ってみようと思います。 

 フ布とフフ布の山にほっぺをくっつけて、「フフフ♪」と笑ってみようかな(笑)。
 フ布とフフ布をいろんな人のほっぺにくっつけて、「フフフ♪」と笑ってもらいたいな。




ライン


Category:織りのこと | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |
<<革の母子手帳ケース | HOME | 安定感>>
name
title
mail
url

[     ]