RSS|archives|admin

目線

2014.04.08 Tue
                     P4073842.jpg
                   大きい織り機に立てかけた小さい織り機


 小さい織り機を乗せていた机、今は別のものに占領されているので、ダイニングテーブルで小さい織り機を使っています。
 使い終わると大きな織り機を囲むように組み立てたオリの中へ。
 狭いオリの中には紡ぎ車や織りにつかう細々したものも入れてあるので、小さい織り機の定位置は大きい織り機に立てかけて。

 立てかけた織り機に目をやると、窓から入る光に透かされて、普段見ることができない布の姿が現れました。


 子ルパンとちび子ルパンがやってきて、私の目線も低くなり、普段見ることのなかった目線でものを見るようになりました。
 小さな植物と目があったり、子ルパンの拾った石ころに目を向けたり、気付かなかったお家の汚れに気付いたり(笑)・・・。


 私にとっての大切なこと、困難なことや見て見ぬふりしたいこと、あたりまえのこと、なんでもないこと・・・。
 ちょっと目線を変えてみたら、色んな世界が新しく動き出すような気がしました。


Category:織りのこと | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |
<<で~きた | HOME | 春色リネン>>
name
title
mail
url

[     ]